ステンドグラス照明を使ったインテリアを特集しました【照明は心地よい時間を過ごすための大切なもの】



ステンドグラスのペンダントランプは、その存在感とあたたかい光がステンドグラスの美しさを最大限に引き出すインテリアのアイテムです。日本国内の作家や職人が作るステンドグラスのランプは実は一つひとつ手作業で組み上げられたものがほとんどです。手作業だからこそできるランプ一つひとつの表情の違いがまたその魅力でもあります。一緒に過ごす時間が長ければ長いほど愛着が湧く。そんなお気に入りのものを見つけて、より豊かな時間や暮らしを手に入れてみませんか。

 
Contents 
  1. リビング Living  家族が集う癒しの空間
  2. キッチン Kitchen  料理をする空間を楽しくおしゃれな空間に
  3. ダイニング Dining  日々の食事をもっとおいしく、もっと楽しく
  4. 寝室 Bedroom  大好きなものに囲まれたくつろぎの空間を
  5. 内玄関 Main entrance  素敵な玄関が素敵な家を作る「家の顔」といわれる内玄関
  6. 外玄関 Entrance  お客様を迎えたとき、最初に目にする場所は自慢の一品で
  7. トイレ  Toilet  ひとりで楽しむ自分だけの時間
  8. 洗面所  Bathroom  朝はしっかり明かりをとって、夜はリラックスできる空間に
  9. 階段 Stairs  夜の階段を楽しい雰囲気に
  10. 廊下 Corridor  好きなインテリアを思いっきり楽しめる空間
  11. 書斎 Study  落ち着きのあるインテリアにアクセントを
  12. 庭 Garden  誰からも「おしゃれなお家」といわれる場所に




















リビング Living
家族が集う癒しの空間

リビング ペンダントランプ【ここに本文を記入してください】


リビングに欠かせない照明は、部屋に明かりを灯すだけではなく、日々の暮らしを快適に過ごすためにとても大切です。ライティングは、リビングの雰囲気づくりやおしゃれなインテリアを作るうえでとても大きな影響を与えます。インテリアにこだわるなら、照明選びにもぜひこだわりしましょう。
 


主照明と間接照明の使い方
リビングでは、テレビを見たり、本を読んだり、家族で語り合ったりと、それぞれ目的や使い方も様々です。照明の計画も、臨機応変に様々な形に変化できるようにしておくといいですね。
主照明は、明るくさわやかに。間接照明で、ほっこりあたたかみのある空間づくりができると照明のパターンもいくつか考えられます。本を読むときにはテーブルランプをプラスして、お酒を飲むときには主照明を消して間接照明だけ点灯するのも、くつろぎの空間が作られて素敵です。照明や光の使い方を変えるだけで、リビングの印象は全く変わります。好きなインテリアのテイストに合わせて、リビングにぴったりの照明を選びましょう。
 
個性豊かなリビングインテリアにおススメのペンダントランプ
天井から吊るすタイプのペンダントランプは、照明の高さを変えることで光の印象が変わります。ランプシェードの大きさも様々なので、リビングの広さに合わせて選ぶとよいでしょう。また、デザイン性の高いものも多いので、個性的なインテリアを目指す方にはおすすめの照明といえるでしょう。
 
リビングでは、ペンダントランプはリビング全体に明かりを照らすというよりは、サイドテーブルやソファテーブルの上から、テーブルのディスプレイや壁を照らし、雰囲気を作るのに向いています。気に入ったペンダントランプがあり、それを付けたいけれど、その照明器具だけでは明るさが足りないという場合は、間接照明を併用しましょう。ペンダントランプを主役にしつつ、明かりを足すことができます。
大き目サイズのペンダントランプは、ソファ前のテーブルの上に設置するのがおすすめ。インテリア全体がシンプルでもデザイン性の高いペンダントランプが吊るしてあることで、こだわりが感じられるインテリアになります。また、印象的な演出をしたいのなら、低めに設置するとあか抜けたインテリアを演出することができるでしょう。

リビング1灯ペンダントランプ【ここに本文を記入してください】

 
リビングの間接照明に一つは欲しい、ステンドグラスのテーブルランプ
リビングのテーブルやサイドボード、棚などの家具の上に置くことのできるステンドグラスのテーブルランプは、特におすすめの間接照明です。テーブルランプはコンセント式なので、明るさの足し引きが簡単にでき、移動もできるので、季節や気分によって変えたり、増やすことができます。また、ステンドグラスのテーブルランプを壁際に置けば、壁にガラスの色や光が移り込み、華やかで幻想的な雰囲気が作り出せます。
 
リビング 乳白色のテーブルランプ【ここに本文を記入してください】

 
ブラケット照明で叶えるワンランク上のインテリア
ブラケットライト、ブラケット照明は、ウォールライトとも呼ばれ、壁に取り付けて使う照明器具のことを言います。
ブラケットライトは、壁面からとび出ていることもあり、とても印象的で目立ちます。それゆえに、インテリアコーディネートにこだわった照明選びをするときには欠かせないアイテムです。壁面にブラケットライトを取り付けることで、空間には立体感が生まれ、インテリアのおしゃれ感はグッとアップするでしょう。どんなブラケットライトを選ぶか迷った時には、インテリアの一部に使っているカラーをブラケットライトの色に取り入れると、インテリアに統一感が出ます。
 
リビング ブラケットランプ スプリング【ここに本文を記入してください】

 
ブラケットライトが作る、光が織りなす華やかな世界
ブラケットライトは壁に光と影を作り出します。ステンドグラスのランプであれば、透明度の高いガラスを使ったランプシェードは壁にガラスの色やテクスチャー(柄や質感)、光が映し出されます。その様子はまるで絵画を見ているかのように美しい光の芸術です。ランプシェードのガラスが不透明の場合、壁にはガラスの影のみが映し出されます。
 

 
好みの壁映りを手に入れるには
透明のガラスを使ったランプシェードはキラキラとしていて、直接ランプをみるのは好きだけれど、壁に色が映るのはあまり好きではないという方もいるでしょう。その場合は、LED電球を使用することをおすすめします。同じランプシェードでも、電球を一つ変えるだけで、光の広がり方が変わるため、ガラスの壁映りも変わります。逆に温かい光が壁にたくさん映ることを望まれる方には、「クリアの白熱電球、電球色60W」がおすすめです。電球を変えるだけなら、とても手軽に変えられるため、季節や用途、その時のインテリアシーンに合わせて選べるという利点があります。リビングにおいてのブラケット照明は、あくまでも主照明ではなく、補助照明です。お気に入りのオブジェを置く感覚で、設置場所や照明器具を選べるといいですね。
 

 
ブラケットライトを設置するときの注意点
ブラケットライトを設置するときは、部屋全体のどの位置に取り付けるかよく検討することが重要です。横のラインはよく考えていても、高さを考えることは忘れがち。例えば、どこにテレビを置いて、どこにソファを置くか、ソファから立ち上がった時、ブラケットの前を歩くとき、邪魔にならないかは確認しておきたいところです。また、近くに扉がある場合は扉の開閉の向きや高さも確認しておきましょう。




キッチン Kitchen
料理をする空間を楽しく、おしゃれな空間に
 


キッチンは日々暮らしの中でよく使う場所です。作業のしやすさや、明るさの確保、お気に入りのデザインの照明を使いたいと思われることでしょう。キッチン照明は、作業のしやすさを大前提としてキッチンスペース全体をしっかり照らしつつ、細かい作業にまでしっかり明かりが届く手元照明があるのが理想的です。
 
明るさの確保
台所は、包丁で食材を切ったり、食器を洗ったりと日常生活の中で作業を行う中心の場所です。そのため、十分な明るさが必要です。明るさがしっかりあれば家事効率も一気に上がることでしょう。
 
照明によって変わるキッチンの印象
キッチンの照明は機能を重要視して選びたいところですが、デザインにもやっぱりこだわりたいですね。
ここ最近の住宅では、キッチンがリビングやダイニングとつながっている家も多く、リビングにお客様を招き入れれば、照明は必ず目に入る場所です。ただ機能が良ければいいというだけではなく、デザイン性も両立できるキッチン照明があれば、素敵ですよね。

キッチン ペンダントランプ 木漏れ日【ここに本文を記入してください】

 
作業効率の良いキッチン照明
キッチンにおしゃれな照明器具を取り付けたい方には、主照明+補助照明がおすすめです。
天井には埋め込み式の蛍光灯やLEDライト、ダウンライトを設置し、おしゃれなペンダントライトで手元を明るく照らし、補助照明として使うのが良いでしょう。


 
キッチンにおすすめ!ステンドグラスのペンダントランプ
ステンドグラスのペンダントランプは天井からコードやチェーンで吊るして使う照明器具なので、デザイン性に優れ、雰囲気が良く、部屋のアクセントになります。部屋全体を照らすというよりは、ランプから照らす部分までの距離が近いため、作業スペースなどの限られた場所を照らすのに向いています。
キッチン ペンダントランプ レインドロップ ライム
【ここに本文を記入してください】

 
アイランドキッチンにおすすめ、機能もデザインもかなえた照明器具
最近人気のアイランド型キッチン。キッチンの上に棚がない場合は、天井から吊るすペンダントランプが最もおすすめです。小ぶりのランプを1灯、もしくは複数並べて使うと、開放的でワンランク上の空間を演出することができます。
 
ペンダントランプの取り付けに便利なダクトレール
ペンダントライトは角形シーリングを、新築やリフォームの時につけたい数だけ付けておいてもらうと設置できますが、ここではダクトレールの設置をおススメします。ダクトレールはレール上にダクトプラグ対応の照明器具を装着することで、レール上の好きな位置に移動することができ、好きな数だけランプを取り付けることができます。
ダクトレールをシンク上の天井に付けておけば、実際に生活する中で本当に必要な明るさやおしゃれなキッチンを実現するために、必要なペンダント照明の数がわかったときに、適宜変えることができます。その時の必要に合わせて、自由に足したり、減らしたりでき、位置も変更しやすいのが、ダクトレールのいいところです。カフェのカウンターのようにおしゃれな雰囲気も演出できて、とても便利で使いやすい照明が叶うでしょう。
 
後付けでも大丈夫!便利なダクトレールのススメ
最近では、すでに天井にシーリングが設置してある場合でも取り付けることができる、「簡易取付式ダクトレール」も様々な種類のものが販売されています。電気工事をせずに利用できるので、キッチンのデザイン性を大切にしたい方は設置を考えてみてもよいのではないでしょうか
 
キッチンにペンダントランプを設置するときの注意ポイント
ペンダントランプは、おしゃれなキッチンには必須ですが、設置するときに気を付けたい点もあります。冷蔵庫の開け閉めや、戸棚や引き出しを開けたときに邪魔にならない場所に設置しましょう。




ダイニング Dining
日々の食事をもっとおいしく、もっと楽しく

ダイニング 木漏れ日ビッグ【ここに本文を記入してください】

 
ダイニングの照明といえば食卓の演出
会話の弾む楽しいダイニングには、快適な明るさや明かりの質が重要です。
料理をおいしく見せるのはホテルやレストランでもおなじみの電球色の明かり。あたたかい電球色の光をより美しく広げてくれるのがステンドグラスペンダントランプです。あたたかくやわらかい光のステンドグラスのランプは、パートナーとの時間や家族の団らんの時間には欠かせません。照明が明るすぎると感情の起伏が激しくなり、相手の粗もよく見えることから夫婦喧嘩や、揉め事が起こりやすいともいわれています。その点でも、ステンドグラスのランプの明かりは、落ち着きがあり穏やかに暮らしたいという方にはおすすめの照明器具といえます。
 
お洒落なダイニングはダイニングテーブルから
オシャレなダイニングのインテリアを目指すなら、まずはダイニングテーブルを決めましょう。ダイニングテーブルに合わせて照明を選ぶことはとても大切です。
ダイニングテーブルの形が、丸か長方形かでも選ぶ照明は変わりますし、テーブルの長さによっても照明器具の種類や灯数が変わります。丸型や正方形のテーブルなら、テーブルの真ん中に1灯のペンダントランプを設置することで、食卓全体に光が広がるでしょう。長方形や長丸のテーブルなら、テーブルの長さに合わせて照明器具の灯数を調整するのが良いでしょう。

ダイニング クリアランプ 多灯使い【ここに本文を記入してください】

 
シンプルにかっこよく、味のあるステンドグラスランプを1灯使いで
ステンドグラスのペンダントランプは、天井からチェーンやコードで吊り下げて使う照明器具なので、食卓を明るく照らし、楽しい食事の時間を演出します。存在感のある大きなペンダントランプをダイニングテーブルの真ん中に一つ取り付けるのは、素朴でシンプル尚且つ、アンティーク調やレトロ調のインテリアが好きな方におすすめです。温かみのあるやわらかい光が食卓に広がります。4人掛けで100W相当の明かりがあるといいでしょう。最近では北欧風のインテリアも人気があることから、テーブルに対してかなり大きいペンダントランプを設置するのもトレンドです。あか抜けた印象を与え、ワンランク上のインテリア空間が演出できます。

ダイニング 1灯照明【ここに本文を記入してください】

 
食卓をやさしい温もりの空間にしてくれるランプ
細かいパーツ一つひとつにこだわりを見せる日本の作家や職人が手掛けたステンドグラスのランプは、付けたとたん独特の世界観が広がります。シェードからこぼれるやさしく温かい光に包まれて、ゆったりとした時間を味わうことができるでしょう。どこか懐かしく、それでいて上品さを持つステンドグラスのランプはダイニングを家族みんなの大好きな場所にしてくれることでしょう。
 
リズム感のあるインテリアには多灯吊り
最近は、ダイニングテーブルの上に小さめのペンダントライトを複数吊るすのもトレンドとなっています。
多灯使いをしてコードの長さを変えると空間にリズム感が出て、華やかで素敵な印象を与えます。幅の広いダイニングテーブルでは、多灯使いをすることで食卓を均一に照らすことができ、食卓をおいしく素敵に見せてくれます。ステンドグラスのランプシェードは、趣のある木製テーブルやイスとも相性が良く、ガラスの揺らぎがとても美しく素敵な空間を作り出します。

 
多灯使いの方法とは
ステンドグラスのペンダントランプの多灯使いに迷ったら、形をすべて統一して並べてみましょう。インテリアコーディネートが苦手な方でも、散らかった印象にならずおしゃれな印象をつけることができます。同じランプじゃつまらないという方は、色だけ変えてみる、また色は同じだけれどガラスの柄だけ変えてみるという楽しみ方もおすすめです。

ペンダントランプ 多灯使い【ここに本文を記入してください】

 
1灯使いか多灯使いか迷ったら
将来的に考えると、インテリアは暮らしの変化に合わせて変えたくなるのが常ですね。暮らしの変化を想像して、取り付けておくと便利なのがダクトレールです。ダクトレールを設置しておけば、暮らしながら好みの明るさに合わせてペンダントランプの灯数を変えることもでき、手軽に調整しやすいのも利点です。ダクトレールを取り付けておくと、多灯使いができるので、頻繁にインテリアを変えたい方にもおすすめです。ダクトレールがなく、既にソケットがついているお家も簡易式のダクトレールを取り付ければ、簡単に多灯使いができるようになります。
 
ペンダント照明の長さで変わる雰囲気と役割
ペンダントランプの長さによって、食卓の明かりの雰囲気は変わります。同じ器具でも、高い位置から照らせば広い範囲の食卓を照らすことができますし、低い位置から照らせば、狭い範囲でもさらに明るく照らすことができます。また、低い位置に器具を配置すると、インテリア雑誌に出てくるような、より印象的であか抜けたインテリアを作ることができますが、立ったり座ったりするときに邪魔になることもあるかもしれません。ダイニングがリビングやキッチンとつながっている場合は、全体のバランスと統一したイメージを決め、ペンダントランプのデザインを決めるといいですね。




寝室 Bedroom
大好きなものに囲まれたくつろぎの空間を

 
寝室は1日の疲れをとるくつろぎの空間。
穏やかなやさしい明かりで1日の疲れを取り、プライベートタイムを居心地のいい時間にしたいものです。
自分だけのやすらぎのある空間を作るには、照明器具の種類はもちろん、デザインにもこだわりたいですね。
やさしく灯るくつろぎの空間。そんな空間づくりにもステンドグラスのランプは最適です。ステンドグラス照明をうまく取り入れ、眠りにつくのが楽しみになるような、そんなおしゃれな空間が作れるといいですね。

寝室 テーブルランプ  ニジイロボウル ベリー【ここに本文を記入してください】

 
睡眠の質を上げる部屋とは
睡眠の質は、就寝前のリラックスタイムの過ごし方や、寝つきの良い寝室づくりがとても大切です。寝具選びだけでなく、照明のプランニングはとても重要です。照明選びを工夫することで、リラックスできる寝室づくりが可能となり、またインテリアもお洒落にグレードアップすることができます。
寝る前にリラックスしたいと思ったら、寝室の照明は眩しさを抑えたデザインが最適です。寝転がったときに、直接目に光が当たり眩しくないような照明器具を選び、配置を工夫しましょう。たとえば、天井や壁を照らす間接照明もよいでしょう。
ベッドの上で本を読みたいときもあるならば、複数の照明を併用するのは理想的です。
寝室全体を照らす明かりは、ほかの部屋よりも明るさを抑え、やさしい光のものを選びます。読書灯やフットライトを足して、一室多灯照明にするのもよいでしょう。
寝室に行くのがちょっと楽しみになる、おしゃれで落ち着きのあるデザインの照明をぜひ見つけましょう。
 
寝室を間接照明でオシャレにするには
寝室で最もおすすめの照明は、ステンドグラスの間接照明です。
日本の住宅では、当たり前のように各部屋にシーリングライトを設置することがよくありますが、おしゃれな寝室を作りたい場合は、あまりおすすめはしません。
青い光が部屋全体に広がる照明器具を配置するのに比べ、ステンドグラスの間接照明は壁や天井に光を映し出すことで明るさを得るため、ホテルの一室のようなおしゃれなリラックス空間を作り出します。
ベッドサイドやチェストの上に置くテーブルランプやスタンドライトは、寝室のくつろぎ空間にとても相性のいいアイテムです。テーブルランプはコンセントタイプのため、あとで追加することもでき、置く場所を変更することも可能です。また、おしゃれなデザインのものが豊富にあるため、寝室にはおすすめの照明器具です。卓上ランプを置くだけで寝室がホテルや旅館のような安心感のある素敵なくつろぎ空間になるでしょう。
 
お気に入りのペンダントランプで寝室のインテリアをグレードアップ
デザインが豊富にそろうペンダントランプは、天井から低い位置に吊るすため、デザインが際立ちます。好みのインテリアに合うデザイン性の高いペンダントランプを選べば、ハイセンスの素敵な寝室にすることができます。大好きな照明器具をデザイン重視で選ぶことは、大好きな寝室を作るためには、とても大切なことです。ウキウキ、ワクワクしながら寝室に向かうのが楽しくなりそうですね。どんなものを合わせたらいいか迷ったときには、インテリアのカラーやテイストに合わせてペンダントランプも選ぶと、きれいにまとまります。

寝室 ペンダントランプ ベルフラワー【ここに本文を記入してください】

 
大人のシックな寝室を作るならブラケットライト
寝室の入り口や、ウォークインクローゼットのドアの隣、ベッドヘットにステンドグラスのブラケットライトを配置することで、より一層シックでスタイリッシュな大人の寝室を作ることができます。
一色でまとまった落ち着きのあるシンプルなブラケットライトを配置すれば、すっきりとした印象でありながらどこかほっとする憧れのスタイルが楽しめます。透明感のあるシンプルなガラスのブラケットライトは、日中の明るい時間帯にはオブジェとして楽しめ、夜にはガラスがやさしく輝き、くつろぎ空間の主役になるでしょう。読書灯として、ベッドヘットに配置する場合は、角度調節ができるものがおすすめです。ブラケットライトは、電気工事が必要なものが多いため、新築やリフォームの場合は早めに電気屋さんに相談しておきましょう。
 
寝室におススメの電球とは
温かみがあり、人をリラックスさせる電球の色といえば、オレンジ色の温かい色合いの電球色です。雰囲気が良く、リラックス効果があるので、寝室に適した明かりといえます。電球色の明かりは、ステンドグラスのランプシェードとの相性が良く、ガラスを通したあたたかい光は、リラックスできる空間を演出します。




内玄関 Main entrance
素敵な玄関が素敵な家を作る「家の顔」といわれる内玄関

内玄関イメージ【ここに本文を記入してください】


 
インテリアの主役、ステンドグラスのペンダントランプ
ペンダントランプの中でも、色彩豊かなガラスによる光が幻想的なステンドグラスのペンダントランプは、玄関を特別な雰囲気で包み込んでくれます。まるで東京青山のカフェやレストランに来たような雰囲気を味わえるかもしれません!
ステンドグラスのペンダントランプは、華やかで贅沢な印象を与えるインテリアのアイテムでもあります。ステンドグラスのペンダントランプが一つあるだけで、味気ない玄関にアクセントをつけることができます。

玄関 ニジイロボウルM【ここに本文を記入してください】

色とりどりのステンドグラスのペンダントランプは、その彩り豊かなやさしい光がシンプルな空間に温かみと華やかさを与えてくれます。
 
天井が高い玄関におすすめのランプ
高い天井におススメの照明器具はペンダントランプです。多灯使いをしてコードの長さを変えると空間にリズム感が出て、華やかで素敵な空間にしてくれます。デザイナーが手掛けたランプは、少し値が張ると感じることもあるかもしれませんが、設置してみると一気に洗練された上質の空間を演出することができます。長く使える愛着のあるランプや自分の好みに合ったランプを見つけることができれば、毎日の生活に潤いを与えることができるでしょう。

内玄関 ペンダントランプ 多灯吊り【ここに本文を記入してください】

 
天井が低い玄関におすすめのランプ
低い天井におススメの照明器具は間接照明です。シューズボックスなどの棚の上にデスクライトを置いたり、ブラケットライトを取り付けたりと、一灯で明るさを補うのではなく、いくつかの明かりで雰囲気を作り出すのも素敵ですね。全体を照らすのではなく、部分的に壁や天井を照らすことで、落ち着いた素敵な空間が生まれます。

内玄関 テーブルランプ ドロップスカラフル【ここに本文を記入してください】

 
ステンドグラスのブラケットライト
ステンドグラスの屋内用のブラケット照明は、味気ない玄関のアクセントに最適です。人を出迎える場所なので、ちょっと印象に残るおしゃれな照明にしたいなら、おしゃれなステンドグラスのブラケットライトがおすすめです。ほっと癒される居心地のいい空間づくりや遊びを取り入れたユーモアのある空間演出の手助けをしてくれます。
 
後付けできるブラケット照明
コンセントが近くにあれば、プラグ(電気コードの先端にコンセントを差し込む端子がついているもの)付きのブラケット照明の器具を選ぶことで、ブラケット照明は自分で簡単に取り付けることもできます。その場合は、取り付けたい場所に取り付けることが可能ですが、コードが見えるのでコードの配置の仕方も考えたいですね。オリジナルでブラケットライトを制作している工房は、オーダーするとプラグ付きのブラケット照明を制作してくれる工房もあるでしょう。相談する前に諦めず、ぜひ相談してみましょう。
プラグがついていない照明器具の場合は、電気工事士による取り付けが必要です。新築の場合は、早い段階で工務店やハウスメーカーに相談しておきましょう。リフォームの場合は、工務店や電気屋に相談して取り付けてもらいましょう。
 
内玄関の明るさの選び方
内玄関の明るさは、リビングよりも少し暗めに設定するのがおすすめです。それは夜道を歩いて帰ってきたときに、急に明るい玄関に入って眩しく感じないようにするためです。暗さに慣れた目で玄関に入ったとき、ほんわかとしたやさしい明かりだと、目にも優しく安心しますよね。また、明々とした玄関を通り抜けて、リビングに入ったときに、リビングが暗い印象に感じてしまいます。2〜3畳程度で60W相当の明るさが程よいでしょう。
 
 


外玄関 Entrance
お客様を迎えたとき、最初に目にする場所は自慢の一品で
 

毎日学校や仕事から帰ったみんなを最初に迎え入れてくれる明かりは、デザインにこだわった自慢の照明器具で癒されたいですね。
 
玄関ドアの横付けにおすすめ、ブラケットライト
外玄関におススメの照明器具はズバリ!ステンドグラスのブラケットライトです。
ブラケットライトとは、建物の壁面に取り付けられているお洒落な照明器具のことをいいます。
カフェやレストランの入り口のドア近くのやわらかく温かい光にふと目をとめたことはありませんか?
お店の外灯のあたたかくやわらかな光は、見ているだけでなんだかとてもほっとして落ち着きますよね。
ブラケット照明の柔らかい光で外壁や玄関前の草花をやさしく照らすことで、誰もがやさしくあたたかく出迎えられているような、そんな気持ちになります。
ステンドグラスの屋外用のブラケット照明はあたたかな温もりのある空間づくりの手助けをしてくれます。
屋外用のブラケット照明は、お店やお家をおしゃれな空間に演出し、そしてその温かい光が見た人みんなの心をほっと安心させる、愛されアイテムなのです。

外玄関ブラケット 乳白色のボウル型ランプ【ここに本文を記入してください】

 
屋外用ブラケットの注意すべきポイント!
屋外用のブラケットは防滴・防水・防雨に対応している屋外専用のブラケットベースを選びましょう。
また、屋根などもなく、電球が雨に触れる可能性がある場所では、電球も防雨用の電球がおススメです。屋内用の照明器具を使うと、雨や湿気によって火災や漏電が起こる可能性もあります。屋外用の照明器具は、使い方を間違えると火災や漏電の恐れもあります。必ず注意事項を確認し、正しい使用法を守りましょう。
最近では、防犯や安全確保のためのセンサースイッチとの併用もできるものもあるので、オシャレと便利な機能を兼ね備えたものにできるといいですね。




トイレ  Toilet
ひとりで楽しむ自分だけの時間

 
トイレは1日に何度も使う場所。お気に入りの空間にして居心地のいい時間を持てたらいいですよね。来ていただいたお客様にも「わぁ!リビングだけでなくお手洗いも素敵ねっ!!」って思われたらうれしいですよね。
 
空間をアートに変えるステンドグラスのランプ
トイレは窓が比較的小さいことが多いため、照明が主役になる空間とも言えます。自分の理想の空間づくりにとことんこだわりたい方は、部屋のアクセントとしてアートを飾るように照明使いを楽しんでみてはいかがでしょう。ステンドグラスのランプは、トイレを居心地の良いハイセンスな空間にするマストアイテムです。
 
トイレのほどよい明かりとは
インテリアの雰囲気に合ったランプを取り付けることで、トイレのセンスはグッとグレードアップします。
明るさは、1畳程度のトイレで60W相当の明るさが程よいでしょう。
同じ60Wでも、ランプシェードが透明で光が通るようなランプは、明かりがきらめき、キラキラとしたきれいで華やかな雰囲気を感じられます。少し眩しいと思ったら、40Wの電球に変えてみてもいいかもしれません。同じ60Wの電球でも不透明のガラスで光が漏れないデザインのランプシェードは、比較的明かりが落ち着いています。

トイレ お客様画像 ペンダントランプフィナンシェ【ここに本文を記入してください】

 

 
また、トイレは小さな個室なので、壁面の色によって、部屋の印象が変わります。白や黄色など明るい色の壁では明るく感じ、ブルーやグレーなど濃い色の壁では暗く感じます。
電球の色は温かみのある電球色がおすすめです。
 
照明の電球を電球色にして、居心地のいい癒しのくつろぎ空間を作りましょう。
 
ステンドグラスのペンダントランプであか抜けた印象に
ステンドグラスのペンダントランプはデザイン性が高く、トイレをおしゃれに演出するアイテムの一つです。立った時に、邪魔にならないように配慮し、おしゃれに見える配置を考えることが大切です。ペンダントランプを低めの位置にすると、印象に残るハイレベルなインテリアになります。その場合は、便器の背後の、左右どちらかに寄せてペンダントランプを配置すると、立った時も邪魔にならないでしょう。
また、お気に入りのペンダントランプをニッチや棚、壁を利用し、額縁の中の絵のように配置するのもおすすめの一つです。天井が低くても、狭さを感じさせない方法のひとつです。ランプシェードの横幅を確認し、壁にシェードが当たらない位置に配置しましょう。
 
優雅な雰囲気のトイレはブラケット照明で
ステンドグラスのブラケットライトを設置するなら、手洗いシンクやミラーの上部に取り付けるのがおすすめです。鏡を壁面に飾ることで、インテリアにメリハリがつき、背景を映し出すことによりトイレが広く感じられます。鏡を照らすステンドグラスのブラケットライトは、大人の落ち着いた優雅な雰囲気を作り出してくれることでしょう。また、ブラケットライトは壁に取り付けられているため、狭いトイレをすっきりオシャレに見せてくれるアイテムとも言えます。




洗面所  Bathroom
朝はしっかり明かりをとって、夜はリラックスできる空間に

洗面所 ペンダントランプ ミツバチ【ここに本文を記入してください】



洗面所は全体照明+部分照明でスッキリとお洒落に
朝夕、家族みんなが身だしなみを整える場所だから、天井照明と間接照明で、効果に変化を持たせたいのが洗面所のライティング。朝はしっかり明るさをとってお化粧やヘアアレンジの作業をしやすく、夜は柔らかい明るさでリラックス効果のある空間にしたいですね。
洗面所は、時には脱衣所にもなる場所です。おしゃれな空間は手放したくありませんが、すっきりとした印象の空間にしたいものです。そんな場所におすすめの間接照明がブラケットライトです。ミラーの上部にブラケットライトを取り付ければ、空間はすっきり、上品で飽きの来ないおしゃれな洗面所を手に入れることができます。
 
広めの洗面脱衣所ならペンダント照明で素敵な演出を
最近は、洗面器が二つあるような広い洗面脱衣所も増えてきました。そんな空間をおしゃれな場所にするには、ペンダントランプがおすすめです。天井からチェーンやコードで吊り下げるペンダントランプは、設置する高さによって、照射範囲を変えられるので、壁に施工スペースがなくても好きな場所に設置できます。また、ランプシェードはデザインも豊富なので、イメージに合った自分好みのインテリアを実現しやすいのも特徴です。例えば、スタイリッシュなインテリアにしたいのであればシンプルなクリアガラスに黒の枠線が際立ったランプシェードを。かわいいインテリアにしたいのなら、パステルカラーのガラスにビーズなどをあしらったランプシェードも雰囲気作りには最適です。

洗面所 温かみのあるオレンジ色のペンダントランプ【ここに本文を記入してください】




階段 Stairs
夜の階段を楽しい雰囲気に

階段 ホワイトビーズのブラケットランプ【ここに本文を記入してください】


 
階段照明を取り付ける位置とは
階段の照明を考えるとき、まずは安全性に配慮することが大切です。階段に取り付けるブラケット照明は、直接目に光が差し込まない位置に取り付けることも大切です。階段を上り下りするときに、目の高さに照明があると、光が直接目に入り、眩しく感じます。階段全体をほんわかとやわらかい明かりで照らせるものを選ぶとよいでしょう。また、取り付ける位置によって、明かりの方向や強さも変わるため、照明器具の角度を取り付け後も調整できるものを選ぶと使いやすいですね。
 
階段の形状に合った照明の位置とは
折り返し階段の場合は、折り返しの部分に階段を取り付けるのがおすすめです。階段の空間をまんべんなく照らすことができるでしょう。階段は独立した空間になることが多いので、味気ない寂しい空間になりがちです。デザインにこだわってお洒落な空間を楽しみましょう。
吹き抜け階段の場合は、繋がった空間全体の雰囲気やインテリアを考えて照明の計画を立てましょう。例えば、リビングと吹き抜けの階段がつながっているとしたら、まとめて照明計画を立てることで、すっきりとまとまりのある空間を作ることができるでしょう。
 
ちょっとした空間もステンドグラスのランプで暮らしを豊かに
階段は寝る前に寝室に移動する経路になることが多いので、電球色との相性がいいステンドグラスのランプはとてもおすすめです。窓がなく、光の入らない階段もステンドグラスのランプの光によって様々な趣を楽しめる素敵なインテリアになります。また、窓のある階段では、日中は自然の光に照らされて輝き、夜は明かりで照らされ、屋外から見ても素敵な魅力ある素敵なお家に見えるでしょう。

階段 ブラケットミツバチ【ここに本文を記入してください】

 

 
廊下 Corridor
好きなインテリアを思いっきり楽しめる空間

廊下 スタイリッシュなクリアランプ【ここに本文を記入してください】

 
廊下に取り付けるならステンドグラスのブラケット照明がおすすめ
廊下は部屋に入るための通路です。「そこで何か作業をする」というよりは、空間デザインを思いっきり楽しめる場所。明るさよりも純粋に大好きなデザインで照明器具を選び、独特の世界観を楽しみたいですね。
部屋よりも明るさを控え、好きなインテリアの雰囲気に合ったブラケットライトを選びましょう。
また、ブラケット照明の電球を電球色にして、間接照明として楽しめば、温かい光に包まれた癒しの空間が演出できます。

廊下 エレガントなパステルカラーのランプ【ここに本文を記入してください】




書斎 Study
落ち着きのあるインテリアにアクセントを

書斎 テーブルランプ キノコ【ここに本文を記入してください】


 
集中する場所としての書斎の照明
書斎は、読書をしたり、仕事をしたり、集中する場所として使う方も多いでしょうか。照明にこだわれば、居心地のいい、集中できる環境を整えることができるでしょう。書斎の照明といえば、デスクライトやテーブルランプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。書斎の照明は、手元を照らす光の量や質も大切ですが、部屋全体の明かりのバランスがとても大切です。
部屋全体の明るさをある程度確保したうえで、部分照明で手元をしっかり照らすと、ストレスを感じることなく快適に過ごすことができるでしょう。

書斎 テーブルランプ プリーツ ホワイト【ここに本文を記入してください】

 
リラックスする場所としての書斎の照明
書斎をリラックスする場所として空間を作り上げる場合は、全体照明と部分照明どちらも電球色の照明で統一するとよいでしょう。電球色の電球は、落ち着いた大人の空間を作るにはとても効果的です。書斎をどのような目的で使うのかで、照明器具や電球の色を選択できるといいですね。

書斎 ターブルランプ サークルクリア【ここに本文を記入してください】

 
書斎におススメの間接照明
書斎では、パソコンやタブレットなどの画面を見ることも多いのではないでしょうか。天井照明の光が、直接ディスプレイに映り込むと、ストレスを感じる方もいます。ですので、天井照明は光がやさしく拡散するものを選び、部分照明としてスタンドライトを机に上に置き、部屋全体の明るさを調節できるとよいでしょう。この時、テーブルランプもディスプレイに光が直接反射しない場所に設置するのがポイントです。
 
 


庭 Garden
誰からも「おしゃれなお家」といわれる場所に
 
お庭や駐車場、テラスやベランダ、ウッドデッキなどをライティングで素敵な癒しの空間を演出し、お外時間を楽しみませんか。庭に照明を取り入れることでカフェやリゾートホテルのような心地のよい空間を作ることができます。また、夜の庭を照らすことで、暗くなっても美しい花や木を観賞することができ、幻想的な雰囲気を楽しむこともできるでしょう。椅子に腰かけて珈琲やお酒を楽しんだり、読書をしたり、友人と語り合う。きっとそんな素敵な時間が増えることでしょう。
 
ベランピングにおすすめ、ステンドグラスのブラケットライト
最近は、「お家に1番近い外」、庭やベランダを使ってアウトドア気分を楽しむべランピングも人気があります。ベランダのような身近な場所で、リラックスできるのはとても魅力的ですよね!テラスや、ウッドデッキをセカンドリビングとして大いに活用するためにも、照明は必須です。セカンドリビングにブラケットライトがあると、リラックス効果を増やし、とても有意義な時間が過ごせます。玄関や表札の近く、デッキの上部にブラケットライトを設置するのも、使用頻度が高い場所なので日々活躍することでしょう。
 
 

 



 
  • オリジナルペンダントランプ
  • オリジナルテーブルランプ
  • オリジナルブラケットランプ

モバイルショップ